ナビゲーションスキップ


朝食のおいしさのヒミツ

池の平白樺高原ホテルの朝食は、厳選された食材をいつも使用しています。安心もご一緒にお召し上がりください。

朝食 イメージ

お粥とお米がおいしいワケ

ご飯のおいしさは水で決まります。
水道水で白米を炊くと、カルキ臭が移るだけでなく、水道水の塩素が、ビタミンを壊してしまいます。

高原ホテルの水は上田・丸子町の水を使用しています。最低限の塩素殺菌を施すことで、カルキ臭特有の臭いをカットしております。水の成分は蒸発残留物の指数は27、硬度指数は22(※美味しい水の基準は蒸発残留物の指数30~300、硬度指数10~100といわれています)。

まろやかで甘みがある軟水で炊く長野県産コシヒカリは、お粥はもちろん、カレーとも相性抜群です。

朝食 イメージ

カレーで食欲が進むワケ

旬の野菜がお皿からあふれそうなほど添えられた「白樺高原オリジナル朝カレー」をメインに、カレーと相性抜群のサラダなど11種類のトッピングから選べます。

元来、カレーは北インドの高原で作られたものが起源だから、同じ高原の気候によく合うというのも頷けます。
なにより、高原ホテルはなんといっても空気がよく、高原で食べる野菜は、とても透明感のあるいい味をしています。刺激的なカレーと、とても相性がよいわけです。

じっくり煮込まれたカレーは、タマネギとニンニクのみじん切りがたくさん溶け込んんだ本格的な味わい。料理長が朝用にサッパリと仕上げました!
一口お召し上がりいただくと体もぽかぽか。まるで体の中から元気になれるようです。
リラックスしながら高原の朝カレーを楽しみませんか。

お食事

  • 夕食のご案内
  • 朝食
  • 軽食
  • バーベキュー
  • 周辺のお天気予報
  • お花のカレンダー
  • 団体・法人研修教育旅行はこちら



ご予約特典

閉じる